音緑 中央線西荻窪キャンプ

Icon

onryoku from nishi-ogikubo tokyo to everywhere with music, book and beer

与那国島観光 東崎~東崎展望台~立神岩



2011年2月10日到着初日。

荷物を民宿おもろに預け、与那国ホンダでレンタサイクルを借り、早速、島を駆け巡ることに。

民宿おもろのおかみさんから、挫けないで頑張ってね~とのアドバイスを受け、
まずは、東崎に向かいます。


東崎から見下ろす海と断崖絶壁。
波照間島や竹富島と違って、海の色が濃く、藍いのが特徴。


岬に向かいます。ちょっと距離があります。
ところどころ見える黒いのは牛の糞です。このあたりは牧場にもなっているので大量の牛と大量の糞があります苦笑


岬から見る与那国の海。太陽光の強さ、空の色や見る角度によって色が変わります。


東崎を後に、島を右回りに回ることに。牧草!


立神岩です。


走ってきた道を振り返ると・・


起伏はげしいー。
最初は体力があったので、坂も難なく登れてしまいましたが、噂に聞いていたとおり起伏が激しいです。


しかし晴天。最高!


と、この日はあまり写真もとらずに島を自転車で一周しました。
2月だというのにSPF50の日焼け止めを何回も塗ることになるとは、というくらい日差しは強く、大量発汗です。

16時30分ごろ民宿おもろに戻ると、
おかみさんから、良く頑張ったわねー。途中で戻ってくる人多いのよー。と。

早起き&フライトで疲れたので、この日の観光はこれにて終了。
ちょっと早いのですが、オリオンビールを頂くことに…

与那国島一人旅2011 Index(見出し・目次)に戻る

LINEで送る
Pocket

Category: 与那国島

Tagged: , , , , ,

2 Responses

  1. kurashiki-keiko より:

    初めまして。トリップアドバイザーのサイトから来ました。
    日本の東西南北の端っこを旅してきました。最後が与那国島でした。
    しかし、夫の会社の旅行社さんのプランに沿って泊まったのは、
    アイランドホテル与那国で、立派なホテルでウイークデーでしたので、
    宿泊者は私たち夫婦とあと一人若者がいただけのようでした。
    地元の人との「ゆんたく」、いいですね。
    私はそういうのが希望だったのですが、全然触れ合うこともできない旅で、
    ただ一つだけ、晩に地元の居酒屋さんで地元食材のメニューでいただいたのが
    よかったです。

    • onryoku より:

      > kurashiki-keikoさん
      初めまして!コメントありがとうございます。

      同じタイミングで泊まっていた方も、翌日アイランドホテル与那国に宿泊されるとおっしゃっていました。外見も立派なホテルですよね。
      私の宿泊したおもろは所謂民宿ですが、宿泊客とのゆんたくが楽しいことでも有名な宿です。
      夕食後そのままゆんたくに流れることが多く地元の居酒屋には行けなかったので、居酒屋の地元食材料理気になります!次は行ってみたいと思います!

Leave a Reply

About

東京都杉並区西荻窪在住

旅行、音楽、お酒、フジロックを中心にした生活です。
人生些細なことの積み重ねということで、
愉しみながら様々なことを書いていければと思ってます。
よろしくおねがいします。

Archives

  • 2017 (3)
  • 2015 (9)
  • 2014 (72)
  • 2013 (118)
  • 2012 (135)
  • 2011 (232)
  • 2010 (40)

twitter