音緑 中央線西荻窪キャンプ

Icon

onryoku from nishi-ogikubo tokyo to everywhere with music, book and beer

フジロックのヘッドライナーについて思うこと


フジロック最終日のヘッドライナーがTHE CUREと発表されました。

これにて、Nine Inch Nails、Bjork、The Cureと今年のヘッドライナーが揃った訳ですが、正直うーんと思うところもある訳で。

まず、2013年の国内外主要フェスティバルのヘッドライナーを某巨大掲示板ベースに作成。

——
Glastonbury Festival 2013
Arctic Monkeys, The Rolling Stones, MUMFORD&SONS

Coachella 2013
The Stone Roses、Blur、Phoenix、Red Hot Chili Peppers

Bonnaroo 2013
Paul Mccartney、MUMFORD&SONS、Tom Petty&The Heartbreakers、Bjork

Lollapalooza Brasil 2013
Pearl Jam、The Killers、The Black Keys、Deadmau5、Queens Of The Stone Age

Rock am Ring 2013
Green day、The Killers、Prodigy

Isle of Wight Festival2013
The Stone Roses、The Killers、Bon Jovi

Rock Werchter 2013
Green day、The National、Blur、Kings of Leon、Phoenix、Depeche Mode、Editors

T in the park 2013
MUMFORD&SONS、The Killers、Rihanna、Kraftwerk

SUMMER SONIC 2013
METALLICA、MUSE、linkin park、THE STONE ROSES

FIB2013
The Killers、Arctic Monkeys、Queens Of The Stone Age
——-

Green Day、Red Hot Chili Peppersなど定番のラインナップもありつつ、phoenix、Arctic Monkeys、The Killers、Kings Of Leonなど今が旬のアーティストと、The Rolling Stones、Paul Mccartney、Blur、The Stone Rosesなど所謂レジェンド枠がうまく融合しているように見受けられます。


一方で今年のフジロックのヘッドライナーを見ると、ネームバリューはあるもののお世辞にも今が旬とは言い難いラインナップであることは否めません

UNDERWORLD、Primal Scream、The Chemical Brothersが複数回ヘッドライナーをつとめたり、Roxy Music、Facesなど正直知名度自体が劣るアーティストをヘッドライナーに据えてきたことから、今年に限った話ではないのですが、改めて世界各国のフェスティバルやsummer sonicのチャレンジングなブッキングと比較すると、正直盛り上がりに欠ける感があるのも事実。

勿論、ヘッドライナーが全てでないことは重々認識していますし、Munford&Suns、The xx、Fun.など旬のアーティストをブッキングしていることはさすが!と思いますが、ヘッドライナーがその年のフェスティバルの顔であるのも事実なので、フジロックにも是非頑張っていただきたい!

来年はPhoenix、Daft Punkをフジロックで観たい!




LINEで送る
Pocket

Category: フジロック

Tagged: , , , , , , , , ,

Leave a Reply

About

東京都杉並区西荻窪在住

旅行、音楽、お酒、フジロックを中心にした生活です。
人生些細なことの積み重ねということで、
愉しみながら様々なことを書いていければと思ってます。
よろしくおねがいします。

Archives

  • 2017 (2)
  • 2015 (9)
  • 2014 (72)
  • 2013 (118)
  • 2012 (135)
  • 2011 (232)
  • 2010 (40)

twitter